V5BT First Impression
by Photographer Kisho Hayamiフォトグラファーが語る、Wrenの造形美

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

Wren V5BTを手に取った時に感じた重さが、音の品質を裏付けているように私は感じた。それが、この製品のファーストインプレッションといえる。

目をつむって、撫でてみると、木目から感じる優しい流線型のフォルムと、力強い音を放つ大きなメッシュグリルが見えてきた。 私は製品の撮影前には目を閉じて製品に触れる様にしている。そうすることによって、クラフトマンの情熱や意図を少しでも感じとりたいからだ。

Wren V5BTは木目と曲線、そして、モダンなスピーカー部によって形成されている。 フォルムは優しい流線型をしており製品を床に置いて、俯瞰してみると、木の葉の形をしている。 見る角度によって、形状が異なるので、音楽を楽しむように製品を眺めていることもできる。 本格的なスピーカーとしての役割だけでなく、眺め続けることができるインテリアとしての要素を持ち合わせているスピーカー。

私の目から見たWren V5BTは正統とモダンが混ざり合った、新次元のスピーカーといえる。

フォトグラファー 早見紀章
写真家 早見紀章
Photographer Kisho Hayami
1984年石川県金沢市生まれ。
上京後、日本大学芸術学部写真学科に入学し同校を卒業。
卒業後は風景写真家林明輝氏に師事し、2012年キヤノンマーケティングジャパンカレンダー作家選出後は独立。
現在は写真集、個展を始め、企業カレンダー、雑誌、新聞、ラジオなどのメディアを通して自然写真の楽しさを伝えるほか、
ブライダル、製品撮影、動画撮影などの分野にも意欲的に活動を行っている。
公益社団法人日本広告写真家協会(APA)正会員

オフィシャルサイト http://www.kishohayami.com/

早見紀章写真集 Various Colors
早見紀章写真集
Various Colors of
IRIOMOTE ISLAND 西表島