The Wren Sound Systems Story

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

マイク・ジィフィンによる、Wrenの設立

ハーマンインターナショナル(以下 ハーマン) に22年在籍し、副社長を歴任した Mike Giffin(以下 マイク)が音楽を愛するリスナーに向けて、優れた音質だけでなく、スマートなデザイン、シンプルな操作性を兼ね備えた製品を提案したいと志し、新ブランド「Wren(レン)」を2011年に設立しました。

Wren Sound Systems Logo
Mike Giffin

時代と、音楽をとりまく環境の変化

時間と資金を投じ、立派なリスニングルームで、単品オーディオで、音楽を楽しんでいる方は現在でも、多くいらっしゃることは間違ありませんが、それ以上に、多くの方々がコンパクトでシンプルな製品で気軽に音楽を楽しんでいるのも事実です。

音楽の聴き方もCD、MP3プレーヤーからスマートフォンやタブレットへ急速に移行し、音楽の入手方法も変化している中で、オーディオハードウェアも必然的にこの流れに、順応していくことが必要となっています。

モバイルインターネット機器の登場で私達はどこからでも音楽へアクセスできるようになり、コンテンツへの利便性、携帯性、アクセスはおどろくほど、改善されています。

「Wren」は、従来のような大きくて重く操作や配線が複雑な単品オーディオと一線を画し、新しい音楽の楽しみ方に合った製品をお届けしたいと思っています。その最初の製品として、スマートなデザイン・シンプルな操作性と、高性能単品オーディオに負けないパワーと音質を兼ね備えたワイヤレススピーカーを世に送り出しました。

ダニエル・アシュクラフトの卓越したデザイン

音質と同等に重要なデザインは、オーディオライフを楽しむ最も大切な要素です。これを任せられるのは、著名なオーディオデザイナー、Dan Ashcraft(以下、ダニエル)しかいないと、マイクは決断し、彼と手を組み、家中のどこでも楽しめるデザインを目指すことにしました。

ダニエルとマイクが、共に仕事を始めたのは、1898年のこと、その頃、すでに、マイクはハーマンでバリバリに仕事をしており、以降、ダニエルと二人三脚で、数々のJBL・マークレビンソン・ハーマンカートンブランド製品を世に送り出してきました。

マイクは、ダニエルのことを、「彼以上にサウンドテクノロジーとデザインの美が完全なバランスで融合し、見るものに、「整合美」を体感させるコツをもったデザイナーをみたことがない」と評しています。

ダニエルの代表作の一つであるJBL Project EVEREST DD5500はステレオサウンドの年間グランプリを皮切りに多く賞を受賞していますが、近年の代表作といえば、3ウェイフロア型Project EVEREST DD66000(2006年発売)になります。この30年間でみれば、JBLほど日本で数多くの賞を取得したブランドはなく、その貢献者がダニエルなのです。

danielashcraft-500

マイクとダンの共鳴

2010年にマイクがダニエルに連絡を取り、「Wren」のデザインについて考えてみてくれないか?と打診しました。
数々の優れたオーディオをダニエルとともに世に送り出してきたマイクにとって、Wrenのデザインをダニエルに依頼することは、自然な流れだったのでしょう。

もちろん、Wrenという新しいブランドの方向性を考えた際、マイクは当初、誰もが知っているようなブランドと仕事をしてきたダニエルと組むことには多少不安も感じていたようです。
しかし、打ち合わせを重ね、友情と尊敬、そして、信頼が二人の間に再び満ちるにつれて、もう一度チームを組むことになりました。

特にその中で最初に、2人ともこれだ、と共鳴したことは、“美しい音楽とデザインは共存するものであり、Wrenブランドのオーディオ製品は、リーゾナブルな価格で美しい音楽とデザインの共存を表現した製品であるべきだ” ということです。

変わっていくもの、そして、いつまでも変わらないもの

マイクがハーマンに在籍していた時代は、ホームオーディオの技術が劇的に進化してきた時期であり、彼自身もLP、8トラックからKK MusicやSpotifyに及ぶまで多くの最新テクノロジーを最前線にて肌で感じてきました。
そんなマイクが音楽を通じて変わらないと感じることは、素晴らしいサウンドが音楽の世界へ人を引き込み、日々のストレスを解放し、生きるエネルギーを与え、人生において重要なことを思い出させてくれる、ということでした。
つまり、優れたオーディオシステムは、素晴らしい音楽をさらに高いレベルに導いてくれるのです。

Wrenに込められた思いと、クラフトマン・シップ

確かに、ワイヤレス技術を使ったスマートフォンを中心とした機器で、音楽にアクセスすることは簡単になっていきますが、ワイヤレス技術を中心とした高音質のスピーカーを開発することは難しくなっています。「Wren」は、この現状を変える手助けができれば、と思っています。つまり、従来からあるフルサイズで重量級のオーディオシステムと、プラスティックだが、「かわいい」デザインのスピーカーをかけあわせた製品を提案したいと思っているのです。

マイクは、生涯通じて多くの音楽愛好家たちに、一聴しただけで、その質がわかるような優れたサウンドを紹介してきました。
Wrenの開発チームに所属する経験豊かな技術者とともに、数十年の業界で得た財産を「Wren」のモデル達として世に送り出しています。
本物の素材、正当派のものづくり、洗礼されたデザイン、そして最先端の電子部品·オーディオ用の音質パーツをふんだんに使い、新しい音楽の時代の中で、あらゆるフォーマットに対応したワイアレスシステムを開発したのです。

Wrenからのお約束

最後になりますが、「Wren」は、短期、長期的視点において、社員がひとつになって、以下のことをお約束したいと思っています、つまり、最新の技術、美しいデザイン・高音質を融合させた製品を手頃な価格でお届けするという会社の理念を表現する製品を生み出していきたいと思っています。

そう、「Wren」 は、決してお金をかけなくてもオーディオを楽しめると信じています。